Geoinformation Forum

体験イベント

アルファベットをクリックするとブースの詳細に移動します。
A
QZS屋内外(シームレス)測位体験ゲーム
屋外特定位置、または屋内のIMESを設置したパネルに近づくと、スマホにその位置に対応したモンスターが現れ、そのモンスターとバトルするゲームです。同じQZS(Quasi-Zenith Satellite:準天頂衛星)受信機で、屋内外(シームレス)測位が体感できます。
展示ブース②
測位衛星技術(株)、(一財)衛星測位利用推進センター、IMESコンソーシアム、東京エレクトロニツクシステムズ(株)
B
宇宙ステーションからリアルな地球を眺めてみよう
国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設されたサッカー場ほどの大きさの宇宙施設です。宇宙ステーションのハイビジョンカメラが撮影したリアルな地球の姿をご覧ください。あたかも宇宙飛行士になった気分を体感!
展示ブース②
(一財)日本宇宙フォーラム

C
位置同定コンポーネントICHIDAS体験コーナー
ICHIDASはレーザ距離センサを用いた測位システムです。ロボットなどの移動体に搭載することを目的としています。レーザ距離センサを用いて簡単に地図を作ることができるので、手軽に屋内測位を実現できます。ICHIDASを載せた手押し台車で会場を移動し、ロボットの視覚を体験することができます。
展示ブース③
(株)日立産機システム
D
トータルステーション、GNSS、電子平板による地図つくり体験
同心円レチクルを搭載したトータルステーションに電子平板システムを接続することで、これまで簡単に計測できなかった円筒・面・突起物・たわみなどを観測・計測できます。このシステムを使った地図つくりを体験してください。
展示ブース⑤
アイサンテクノロジー(株)

E
3DレーザースキャナーデータでAR体験
地上型3Dレーザースキャナーで計測されたデータを基に作成した3D模型やCGモデルを活用して、AR(Augmented Reality-拡張現実)体験ができます。実際には存在しない3D-CGを現実空間に重ねて表示する技術です。タブレット端末を印刷物・写真・模型にかざすと3Dモデルが表示され、あらゆる角度から観る事ができます。
展示ブース⑥
リーグルジャパン(株)
F
ロボットと連携する屋内歩行者ナビ
歩行者デッドレコニング(PDR)と呼ばれる相対測位技術と絶対位置取得手段を組み合わせた歩行者ナビの体験イベントです。体験者には携帯端末を持って会場内を歩いて頂きます。その端末や展示ブースの大型モニタには屋内3Dモデル(地図)と体験者の位置や向きなどが表示されます。移動ロボットとの連携デモも予定しています。
展示ブース⑧
(独)産業技術総合研究所

G
G空間ゾーンスタンプラリー ―NFCによる会場周回体験
NFC(近距離無線通信技術)カードを展示ブース⑨で受け取り、展示会場に設置されたスタンプ台にかざし、スタンプを集めてください。展示ブース⑨で会場周回の履歴を確認し、会場内をくまなく回れた方はプレセント(「奇跡の一本松」記念エコキャップ)がもらえます。
展示ブース⑨
(株)リプロ 
協力:NTTソフトウェア(株)
H
トラクターのハンドルを握って精密農業を体験
シミュレータを使って、圃場でのGPSガイダンス走行や自動操舵補助走行をデモ体験していただけます。トラクターのハンドル操作や目視での直線走行は思ったよりも難しいものです。
 今回は運転席のライトバーとカーナビのような地図画面を見ながらのガイダンス走行や、ボタン一つで自動操舵補助に切り替えてのスムーズ走行で精密農業の便利さを体感いただけます。
展示ブース⑯
(一社)日本測量機器工業会

I
自動車の安全・安心の実現に貢献する高精度地図データベース
高精度レーザー計測車両を使用した地図調査による三次元地図情報と車両側センサーを組み合わせることにより、自車位置の高精度測位や、交差点内の衝突事故に対する警告・回避に貢献できます。
自動車の安全安心を実現するための「高精度地図データベース」を3Dビューでご覧下さい。
展示ブース⑰
(株)ゼンリン
J
UC-win/Road による3次元GIS、点群体験
3次元リアルタイムバーチャルリアリティソフトUC-win/RoadのGIS機能、点群による3次元空間の表現機能の他、電子国土を活用した道路損傷情報システム、BCP作成支援ツールを体験していただけます。また3次元空間をスマートフォンから操作できるVR-Cloud®で、GPS機能を用いた写真登録機能をご紹介します。
展示ブース⑱
(株)フォーラムエイト

K
3D海底地形図
測量船に登載された最新技術のマルチビーム音響測深機や画像処理を駆使して作成された、日本を取り巻く海の海底地形を三次元でご覧下さい。
展示会場出口
協力:海上保安庁
L
測量コンテスト「知恵比べ、精度比べ」
測量の原理・原則に立ち返り、技術を競い合います。測量テーマは、日本科学未来館に設置されている地球儀「ジオ・コスモス」の平均半径です。精密機器部門と自作機器部門で行います。
参加チームはコチラ
メッセージゾーン
(公社)日本測量協会

 
距離を測る体験「歩測大会」
伊能忠敬やプロゴルファーになったつもりで、「歩測」してください。最初に自分の歩幅を調べ、歩いて距離を測ってください。誤差の少ない人には認定証「歩測の達人」を贈呈。
日本科学未来館1F
(公社)日本測量協会
 
大型測量船「拓洋」一般公開
大型の測量船「拓洋」(2,400トン、全長96m)が公開されます。「拓洋」には最新の測量機器が搭載され、わが国周辺の海底地形、地殻構造、領海基線などの調査を実施して海図等に反映されます。また、本年3月からは、自律型潜水調査機器(AUV)が搭載され、精密な海底地形情報の取得が可能になりました。
【日 時】 2013 年11月16日(土)
     10:00~16:00
【会 場】 船の科学館前 航海訓練所桟橋
    (ゆりかもめ/船の科学館駅下車、徒歩400m)
【協 力】 海上保安庁
ミッションおよび天候等により、中止になる場合があります。
会場案内パンフはコチラ

 
準天頂衛星初号機「みちびき」 高精度測位デモンストレーション
「みちびき」独自の実験用信号(補強信号)を用いることで、高い精度で自分の位置を知ることができます。本イベントでは、LEX信号を用いたセンチメートル級の測位を体験いただきます。
   ▲センチメートル級測位を利用した「みちびきお絵描き」
【開催日】 11月14日、15日
(平日のみ)
会場地図
【開始時間】 11時、13時、14時、15時
(各回30分、雨天中止)
【会場】 国際交流館野外グランド
(日本科学未来館西側グランド)
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

page top