Geo Education Program

GISとオープンデータによる地域活動支援

GISとオープンデータ

オープンデータの流れが強まる中、自治体の業務や地域活動に公共データやGISはどのように活用していけるのか。
これまでの課題を振り返りつつ、今後の活用方策について討論します。

【日 時】 2013年11月15日(金)  10:00〜12:30(150分程度)
【対 象】 主に自治体職員(40人程度)
【会 場】 日本科学未来館 オリエンテーションルーム2
【協力先】 地理情報システム学会、自治体GIS活用推進グループ、会場周辺自治体、GIS先進自治体

■話題(案)(各約30分)

(1) 自治体GISを振り返って
(2) GISを推進するにあたっての課題・トラブルなど
(3) 今後、地理空間情報はどう変わっていくのか?
(4) 昨今のオープンデータの動向及び課題、これまでのGISの推進との関係性イメージ



G空間で地域を考えようワークショップ

GISを使った地域支援や地域課題解決に関わっておられる先進自治体の職員の方を講師として招き、高齢社会や防災をテーマに、オープンデータやGISを実際に使ってみるワークショップを行います。

【日 時】 2013年11月15日(金)  13:30〜16:30(180分程度)
【対 象】 主に自治体職員、NPO、地域協力に関心を持っている住民(40人程度)
【会 場】 日本科学未来館 オリエンテーションルーム2
【協力先】 GIS学会、自治体GIS活用推進グループ、会場周辺自治体、GIS先進自治体

■演習の流れ
6つのグループに分かれて演習を実施

(1) データ及び分析ツール(Q-GIS)等の紹介
(2) GISを活用した分析事例の紹介
(3) 各グループにおけるワークショップ
(4) まとめ・振り返り

事前登録フォーム   ※事前登録は締め切りました。
    参加をご希望の場合は事前登録をお願いいたします。
    以下のフォームより、必須項目を入力のうえ送信してください。

    ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

    ・参加のお申し込みが正常に受け付けられた場合は、入力された電子メールアドレス にあてて、受付完了のメールが届きます。
    ・ご参加の確定については改めて電子メールでご連絡差し上げます。
    ・迷惑メールフィルタ等を設定されている場合は、 「mlit.go.jp」からのメールが受信できるよう、設定変更をお願いいたします。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【お詫び】
    本プログラムの事前登録受付につきまして、
    以下の時間帯においてシステムの不具合が発生しておりました。

    10月15日19時54分 から
    10月21日10時40分 まで

    ご参加を検討されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。深くお詫び申し上げます。
    当該時間帯に参加お申し込みをされたお心あたりのある方は、大変お手数ですが、再度お申し込みください。
    なお、すでに主催者より参加確定のご連絡を差し上げている方は、再度のお申し込みは不要です。
    ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

    国土交通省国土政策局国土情報課
    TEL : 03-5253-8353  E-mail : info@g-expo.jp
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
氏名 ※必須項目  名
年齢 ※必須項目
所属
※必須項目

※学校関係者・学生の方は学校名をご記入下さい。
メールアドレス
※必須項目

(再度入力)
演習
※必須項目
GISとオープンデータ
G空間で地域を考えようワークショップ
本イベントの様子は、報道などのメディアや開催報告や広報物などに掲載される場合がございます。
この場合の参加者の肖像権につきましては、イベントの内容を包含するものとして全て主催者に帰属するものとし、その使用を予めご承諾いただきます。

同意する ※必須項目

page top