Geo Activity Festa
11月16日(土) 10名の審査委員および、来場者の投票結果を踏まえ、審査委員会での審議の結果、最優秀賞1名、優秀賞2名、奨励賞6名が選ばれました。受賞作品はこちら。
G空間情報に関する独創的なアイデア、ユニークな製品、画期的な技術、新たなサービス等を紹介します。
Geoアクティビティフェスタは、世の中にある様々な地理空間情報(G空間情報)に関する独創的なアイデア、ユニークな製品、画期的な技術、新たなサービス等について、展示や発表(プレゼン)を行う場を設け、関係者間の交流によりG空間情報の利活用の促進及び拡大に貢献することを目的としています。
特に、これまで発表の機会の少なかった、個人レベルのアイデアや、教育機関での研究成果、民間事業者の製品・技術、NPOの取組など、潜在的なG空間情報の利活用事例を「発掘」することにより、新たなサービス・産業の創出や、既存サービス・製品の高度化・発展を目指します。
当日は、一般から公募された28名のプレゼンターが、展示や発表(プレゼン)を行いますので、一緒に交流を楽しんでください。


日程

平成25年11月14日(木)、 15日(金)、 16日(土)



主催

国土交通省(国土地理院、国土政策局)


フロアマップ




審査委員

「Geoアクティビティフェスタ」では、優れた内容の展示を実施したプレゼンターを表彰します。
表彰を実施することにより、地理空間情報の活用を促進及び拡大させるとともに、これらの諸活動を奨励します。
その、表彰対象の審査を行う審査委員会の委員は、以下の方々です。

  G空間EXPO2013「Geoアクティビティフェスタ」審査委員会名簿   (順不同、敬称略)
委員長 小泉 俊雄 千葉工業大学 工学部建築都市環境学科 教授
委 員 関本 義秀 東京大学 生産技術研究所 准教授
河口 信夫 名古屋大学大学院工学研究科 教授
坂下 哲也 (一財)日本情報経済社会推進協会 電子情報利活用研究部長
津留 宏介 (公社)日本測量協会 測量技術センター空間情報技術部長
片岡 義明 フリーランスライター
尾関 憲一 (株)NHKエンタープライズ制作本部情報文化番組エグゼクティブ・プロデューサー
宮里 孝則 経済産業省 商務情報政策局情報政策課 情報プロジェクト室長補佐
藤原 啓志 国土交通省 国土政策局国土情報課 地理空間情報活用推進官
岡谷 隆基 国土交通省 国土地理院企画部 地理空間情報政策調整官
事務局   国土交通省 国土地理院企画部 地理空間情報企画室


展示・プレゼン内容

G空間情報を活用したアプリ、システム、機器、端末、サービス、技術、地図成果、研究成果、活用事例等を対象。
(既存のサービス、製品や、完成途中のものやアイデア段階のものも含む)


facebook
twitter

page top