G空間EXPO
【シンポジウム】
3次元地理空間情報の展望
Present and future of three dimensional Geospatial Information

■ 概要:
自分の今いる位置を屋内外を問わずに常時知ることにより、位置をキーにした様々なサービスを享受することが可能となってくる。そのためには、屋内外をシームレスに測位できる技術開発や、その背景地図となる屋内外シームレスの3次元の地理空間情報が必要となってくる。しかしながら、そのような3次元地理空間情報はまだ普及しておらず、データ作成にも最新技術や莫大な経費が必要となってくる。本シンポジウムでは、3次元地理空間情報に求められる要件、3次元地理空間情報を簡便に作成する手法、屋内外シームレスな測位とサービスを実現する上で必要な仕組み(場所情報コードなど)について、関係各位から話題提供を頂き、3次元地理空間情報がもたらす未来のサービスや利便性、及びそれらを実現するのに必要な3次元地理空間情報のあるべき姿について議論する。

By always getting to know the position regardless of the outside of indoor, it becomes possible to enjoy various services which used the position as the key. For that purpose, it is necessary to develop the seamless positioning technology and three-dimensional geo-spatial information (three-dimensional GIS data) for fundamental map data. However, three-dimensional GIS data does not spread yet, and new technology and immense cost are needed also for three-dimensional GIS data production.
In this symposium, some presenter report the specification of three-dimensional GIS data, the technique of producing three-dimensional GIS data easily with low cost, and the structure realizing seamless positioning and service related location (such as Location Information Code etc.). And we have discussion about the required way three-dimensional GIS data should be, and the service and convenience brought about with three-dimensional GIS data in future.

開催日時
11月14日(木) 午前
会場
会議室1
実施者
国土地理院
Geospatial Information Authority of Japan
URL: http://www.gsi.go.jp/chirijoho/chirijoho40062.html
登壇者
有川 正俊 <東京大学空間情報科学研究センター>
Masatoshi Arikawa <“Center for Spatial Information Science, the University of Tokyo” Professor>
石井 真 <測位衛星技術株式会社>
Makoto Ishii <“GNSS Technology Inc.” Director of Sales & Marketing>
乙井 康成 <国土交通省国土地理院>
Kosei Otoi <“Geospatial Information Authority of Japan, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism” Chief researcher>
高幣 玲児 <株式会社構造計画研究所>
Reiji Takaside <KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc.
Design Engineering Dpt. Section Chief of Knowledge Design team>
小荒井 衛(総合討論司会) <国土交通省国土地理院>
Mamoru Koarai <“Geospatial Information Authority of Japan, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism” Head of Geographic Information Analysis Division>
講演/発表 題目
10:10   開場

10:30   開会 全体司会進行 小荒井 衛

10:30~35   シンポジウムの趣旨説明 (小荒井 衛)

10:35~55   石井 真
講演「シームレス測位におけるIMESの機能と役割」

10:55~11:15   乙井 康成
講演「設計図等を活用した3次元地理空間情報の構築とその問題点」

11:15~35   高幣 玲児
講演「空間に情報を紐づけるということ
-防災・医療・インフラから“今”求められていること-」
 
11:35~55   有川 正俊
講演「人が認識しやすい3次元地理空間情報に関して」

11:55~12:30   総合討論 (司会:小荒井 衛)
3次元地理空間情報がもたらす未来のサービスや利便性
それらを実現するのに必要な3次元地理空間情報のあるべき姿などについて、フロアの皆様方と一緒に意見交換を行う。

12:30   閉会
※敬称略
※予告なしに変更する場合がございます。
閉じる