← G空間EXPO2016 メインページへ戻る

メッセージゾーン

これからの未来を創り出す ”G空間IoT実証実験ラボ”

毎年EXPO内で実施している屋内位置情報サービス実証実験が今年は「屋内測位×IoT」をテーマにイベント期間中に実証実験を行います。
様々な技術を用いた実験を行うとともに、G空間EXPOに来場されたお客様にも体験いただけるサービスをご用意いたしますので、ぜひご参加ください。

あなたの聞きたい!がココにある。
G空間EXPO メインステージ

今年のG空間EXPOメインステージでは、これからのG空間社会が成り立つ上で重要なトピックを1つ1つのセッションテーマに設定し、みなさんにわかりやすくG空間社会のいまとこれからをお伝えしていきます!

地理空間情報フォーラム

新感覚!UAVフライトシュミレーション!

主催者コーナーに数台の大型モニターを設置してUAVを実際に操作しているような感覚で行えるフライトシュミレーションです。
大人から子供まで楽しめるフライトシュミレーションです。

今年、ホットな「真田丸」にスポットをあてた講演会を実施!

現在決定している講演として、NHKの大河ドラマで有名な真田丸を発見した城郭考古学の奈良大学千田嘉博先生による「真田丸と大坂の陣の実像−絵図・地図・航空写真から城を復元する−」の講演を行います。

Geoアクティビティコンテスト

地理空間情報を活用した”アイデアの宝庫”を見逃すな!
”Geoアクティビティコンテスト”

これまでG空間EXPOで開催していた「Geoアクティビティフェスタ」を、「Geoアクティビティコンテスト」としてリニューアルしました!
募集や表彰対象を拡大し、さらにバラエティに富んだプレゼンターが集まりました。
測量、教育、地域貢献などの分野で地理空間情報を活用したコンテンツやアイデアがいっぱいです。お楽しみに!

Geoエデュケーションプログラム

地理空間情報を地理教育へどう活かすか、
自治体業務へどう応用するか、
そんな疑問に応えます。

高等学校における地理総合の必修化に伴い、地理学習の原点であり地理空間情報のプラットホームでもある地理院地図を活用する授業づくりや、自治体業務の中での日常の業務、例えば苦情処理等に関して、どのようにGISを活用して処理することができるのかという「システム」をロールプレイするといった実践型ワークショップを試みます。

講演シンポジウム

今年の講演・シンポジウムは ワクワク☆ドキドキ!!

■待望のG空間情報センターの開設(New!!)
膨大なG空間情報(=時間と位置のタグがついた全ての情報)を迅速に集め、いつでも容易に、有意に利用できる情報のスーパーハイウェイを構築します。
G空間情報センターは、未知の利用分野を含め、新しい産業の創出と高度な情報化社会の実現に役立つものと期待されております。

■未来社会の扉を開く2020(東京オリンピック・パラリンピック)(New!!)
リオの余韻に浸りつつ、4年後開催の東京オリンピック・パラリンピックで紹介する日本のG空間社会からお届けする驚きの「おもてなし」は、産官学共同で最先端技術を用いて開発中です。日本独自「文化」と最高の「技術力」の融合が、未来社会の新しい扉をレジェンドとして開くことになるかもしれません。

■地理院地図の紹介とパートナー会議の開催(New!!)
地理院地図づくりに関する最近の技術動向や地図づくりパートナーからの現場における事例紹介などを、皆様の前で、第6回地理院地図パートナーネットワーク会議の中で行います。

■地籍の未来とヒトとクルマの空間情報の利用と社会イノベーションの創出(New!!)
社会問題を解決する地籍の未来のあり方、ヒトとクルマの空間情報の把握分析による便利な社会の開拓に向けた研究開発の状況と、アジア太平洋地域における宇宙技術・G空間情報を利用した社会イノベーションの創出・推進に関する現状の活動を報告します。

■キッズ向ペーパクラフト教室の開催(New!!)
みちびきキッズ教室で、準天頂衛星「みちびき」のペーパークラフトを一緒に作ったり、人工衛星の講話を行います。