地理空間情報フォーラム

企業・団体・機関等の展示・体験イベント等により、日本のG空間社会を支える最先端の技術やサービス等を紹介します。
出展各者による高度で専門的な展示を通じ、G空間社会についてもっと知りたいといった一般の方々や、
情報収集を目的としたビジネス層のニーズに対応します。

1F
展示会MAP
1

アイサンテクノロジー株式会社/三菱電機株式会社 AISAN TECHNOLOGY CO., LTD. / Mitsubishi Electric Corporation

準天頂測位技術と高精度空間情報の取得~利活用システム紹介 宇宙事業で高い信頼性を誇る三菱電機から、準天頂衛星利用でリアルタイムにセンチメータ級測位を実現する受信端末、走りながら高精度3次元空間情報を取得するモービルマッピングシステム(MMS)を出展。
アイサンテクノロジーからは、ドローンやレーザスキャナで計測した大規模3次元点群を高速かつ効果的に利活用する特許技術、測量の現場作業にも内業にも革新をもたらす外業端末と測量支援システムなど、様々な測量・計測シーンに応える機器とソフトウェアを紹介。
アイサンテクノロジーと三菱電機は、BIM/CIM・i-Construction対応ツールの提供、自動運転の推進など、これからも高度な情報を身近に利用する技術で、地理空間情報のさらなる活用を推進してまいります。

2

国立研究開発法人国立環境研究所 National Institute for Environmental Studies

環境情報メディア「環境展望台」の紹介 国立研究開発法人国立環境研究所では、WEBサイト「環境展望台」 (http://tenbou.nies.go.jp/)を公開し、環境に関する情報をわかりやすく提供することに努めています。今回は、そのコンテンツの一つである「環境GIS」について、解説パネルやPCを使ってご紹介いたします。
「環境GIS」では、日本国内における環境の状況(大気汚染や水質汚濁など)や環境指標・統計(人口分布シナリオなど)をはじめとする様々なデータをGIS技術により地図やグラフで表示し、わかりやすく提供しています。

3

株式会社 快適空間FC KAITEKI-KUKAN FC CO.,Ltd

無人航空機搭載型レーザ計測装置および無人ボート搭載型マルチビーム計測装置 準天頂衛星「みちびき」の本格運用により空間情報を効率的かつ高精度に計測することが期待されます。快適空間FCでは、建設現場における生産性向上を最新の技術で支えます。
「無人航空機搭載型レーザ計測システム」は、20分間のフライトで400m×400mの広域を3次元計測することができます。
「無人ボート搭載型マルチビーム計測システム」は、これまで困難であった機材の取付けキャリブレーションを簡単な艤装と短時間のキャリブレーションで高精度な計測を可能とします。また、無人ボートによる計測により省人化することが可能です。

4

アジア航測株式会社 ASIA AIR SURVEY CO.,LTD.

地理空間情報 アジア航測は自社保有の航空機や最新測量機器による空間情報の収集・解析から活用方法の提案、実施プラン策定まで、各用途に適した技術サービスを提供することで、安全・安心で豊かな社会を支援しています。
当社ブースでは、広域または局所的な計測、災害時や平常時など様々な場面に適した機材を用いて取得した空間情報(災害直後の状況把握・道路管理のための道路空間の取得・詳細地形の把握・3Dモデルの生成など)をご紹介いたします。

5

測位衛星技術株式会社 GNSS Technologies Inc.

シームレスなポジショニング技術で未来を創造 位置情報に関わる製品とシステムを紹介しています。宇宙からの電波はどの様なことに利用されているのか、みちびき衛星はもちろん、世界中の測位衛星システムの受信機とそのシステムの展示をしています。

6

一般社団法人 日本測量機器工業会 Japan Surveying Instruments Manufacturers’ Association

i-Construction 測量機器・システムは、測量・建設の分野で幅広く活用されていますが、更に先端の測量機器・システム(ドローン、3Dレーザースキャナー等)も加えて、i-Construction など土木・建設工事や、農業分野での生産性、プロセスの効率化に貢献し、また社会インフラの構築・メンテナンスなどにも活用が期待されています。 こうした測量機器・システムの利用の広がりについてご紹介します。

7

日本海洋 株式会社 NIPPON KAIYO CO., LTD.

LiDARと写真測量の統合、GCP不要高精度写真測量の紹介 ・GPS/IMU とRGB 画像を統合し、高精度写真測量を実現
・従来方法と比べ、サイドラップを大幅に削減
・結果として、より広い領域をより少ない時間で測量可能

8

株式会社アドインテ adinte.co.jp

様々なプレイスのIoT化を実現!独自開発 世界で唯一のデータマイニング技術 x iBeaconデュアルセンサ&DMPで全ての場所のリアルO2Oを実現します。 AIBeacon端末を店舗、各種商業施設に設置するだけで施設近隣にいるスマートフォンユーザの行動特性を取得でき、付随する解析ツールを併用することで「いつ、どれくらい」の人がプレイスに接触しているかが分かります。
また、ユニークID計測により「リピート数・率」も解析可能です。
ユーザの特性を細かく分析できるのでより効果的なアプローチが期待できます。

9

株式会社 ブログウォッチャー Blogwatcher Inc

“位置情報データ”を活用した、最新「技術」「プロダクト」「ソリューション」 スマートフォンから取得されるGPSを活用した位置情報データを、独自のSDKを活用して取得。
ユーザー許諾を得た、国内最大級の位置情報データを活用して、研究したデータの最新活用方法について展示いたします。

10

宇宙衛星ゾーン 内閣府 宇宙開発戦略推進事務局/
準天頂衛星システムサービス株式会社/
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構/
一般財団法人 衛星測位利用推進センター
National Space Policy Secretariat, Cabinet Office /
Quasi-Zenith Satellite System Services Inc.(QSS)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Satellite Positioning Research and Application Center(SPAC)

宇宙技術がG空間社会の未来を拓く 2018年度から4機体制での運用を開始する日本の衛星測位システムみちびき(準天頂衛星システム)は「日本版GPS」とも呼ばれ、GPSとの高い互換性により測位精度を向上させ、数メートル、数センチメートルの精度を実現し、災害時の情報配信、安否情報を収集する独自のサービスを提供します。
みちびきをはじめとして、さまざまな宇宙技術がG空間社会に貢献し、欠かせないものとなっている姿を、映像や模型などの各種展示で、皆様にわかりやすくご紹介いたします。

11

CVビジネス研究会 CV Business Lab

映像がそのまんま3D地図になる!だから画像で位置標定!!! CVビジネス研究会では、「映像がそのまんま3D地図になる」のコンセプトに基づき、全天球映像から3D地図を生成する「Camera Vector技術」を活用した製品およびサービスの具体的展開について実践的に研究しています。
今回は、リアリティの高い実写版ドライビング・シミュレーター、撮影測量装置(IMS3)と地下空洞探査装置を組合せた「GMS3」、ドローンで空からのマッピングを行う「スカイCVサービス」、小型全天球カメラとレーザーを用いて高精度な3Dモデルを生成する「Info360」、小型全天球カメラを用いた歩行システム、CV映像を共有するためのクラウド配信「WebALP」システム、CV映像を自律走行の拠り所とする自己位置標定、その他CV映像を用いたサービスをご紹介します。

12

株式会社パスコ PASCO CORPORATION

進化する地理空間情報技術の研究開発や活用分野をご紹介します。
1) 自然災害の状況把握と復旧・復興支援(災害緊急撮影)
2) 「衛星×AI」
3) 3次元計測技術と実用化研究
4) オープンデータ活用推進
など

13

朝日航洋株式会社 AEROASAHI CORPORATION

オープンソースソフトウェアQGISと3次元空間情報サービスgood-3D 朝日航洋では、近年急速に普及している誰もが気軽に利用できるオープンソースソフトウェアの地理情報システムQGISとその付帯サービス、東京23区エリアを対象に2018年3月に航空写真撮影・レーザ計測したデータをご紹介します。
QGISの優れた性能と機能、それを支える朝日航洋のサービスを、さまざまな用途で利用できる最新の航空写真と高精度な3次元点群データをぜひご覧ください。

14

国立研究開発法人 防災科学技術研究所 National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience

防災科研クライシスレスポンスサイト(NIED-CRS) 平成30年7月豪雨の災害対応において、Web-GISを活用した情報共有支援活動をご報告いたします。
発災直後から研究員を被災自治体に派遣し、被害状況や対応状況などの情報に、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)で開発中のシステムが集約した道路情報などをWeb-GISに整理したうえで、現地の防災関係機関に提供するという活動を実施しました。

15

Pax International

DAT/EM System International 社はデジタル航空写真、地上写真、衛星写真等を使用して地図作成、オルソ画像、MMS地図作成等の多目的な用途達成の為にSummit Evolution, Landscape, Dgn Dwg Capture, MapEditor, Ortho+Mosaic,Contour Creator等の製品を開発しております、またサポートチームも迅速に対応する為に安心して活用できます。

16

国際航業株式会社 Kokusai Kogyo Co., Ltd.

持続可能な社会形成に資するリモートセンシング ~国際航業の空間情報技術~ 国際航業は、空間情報技術を礎として、一歩先の未来を構築する企業です。
G空間EXPO2018では、私たちの生活に広く大きく深く役立っている空間情報技術のうち、地球環境の保全、持続可能な社会の形成に資するリモートセンシングを中心にご紹介いたします。
史上初の屋久島全島の航空レーザー計測、空から森林の状態を診断し見える化するサービス「診ま森」のご紹介、地球環境データを球体ディスプレイに投影しSDGsの考え方を広めるツールとして小型インタラクティブ地球儀「SPHERE(スフィア)」の展示を行います。

17

インフォメーションバンクコンソーシアム Information Bank Consortium

インフォメーションバンクコンソーシアムの御紹介 「情報銀行」はパーソナル情報を取り扱うHUBとなり,安全かつ安心してパーソナル情報を管理し活用するための試みです.データポータビリティを通じて,大量に生成されたパーソナル情報を個人が自ら統合し利用をコントロールする可能性が拓けてきました.同時に,個人が統合するパーソナル情報を利用しながら,産業や公共など社会に価値を還元できるエコシステムを作ることが急務となっています.統合されたパーソナル情報は大きな価値を持つ半面,社会の様々なところに大きな影響を与えます.コンソーシアムで検討している「情報銀行」の適切な利用の仕組み,それを支えるトラスト形成の仕組み,法制度面での課題などを御紹介します。

18

国土交通省国土地理院 Geospatial Information Authority of Japan(GSI)

国土地理院の国土を測る・描く・守る活動の紹介 国土地理院は、「国土を測る・描く・守る」を任務とし、国民が安全・安心・豊かな生活を営むことができるための環境整備として「G空間社会」の推進に取り組んでいます。
本フォーラムでは、「平成の30 年を振り返る」をテーマに、パネルで国土地理院の取り組みを紹介します。
また、新旧測量機器の展示、地理院地図を用いて作成した3D模型の展示、東京都区部の地形が立体視できるデジタル標高地形図や電子基準点がとらえた日本の地殻変動図の展示等も行います。

19

総務省統計局/独立行政法人 統計センター Statistics Bureau,Ministry og Internal Affairs and Communications /
National Statistics Center

政府統計の総合窓口(e-Stat)の機能紹介 総務省統計局、独立行政法人統計センターは、各府省等が公表する統計関係の情報を集約し、統計データの検索、地図表記、ダウンロード等の機能を備えた「政府統計の総合窓口(e-Stat)」を運用しております。本展示ブースでは、統計データを地図上に「見える化」する機能、レポート作成、地図ソフトに用いる統計データや境界データのダウンロード機能等を備えた「地図で見る統計(jSTAT MAP)」を中心にデモンストレーションを交えて紹介します。

20

国土交通省国土政策局/
国土交通省 高精度測位社会プロジェクト
Ministry of Land,Infrastructure,Transport and Tourism /
Indoor high-precise positioning project, Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

国土数値情報の活用事例 「国土数値情報」は、国土利用計画等の策定や国土政策の推進のため、地形、土地利用、公共施設、道路、鉄道等、国土に関する地理的情報を数値化したGISデータです。
これらの成果は、国土交通省ホームページにより一般提供しており、平成29年度のダウンロード件数は年間117万件に及び、行政施策・研究・産業分野などに広く利用されております。
本展示では、国土数値情報等を活用した政策分析・研究成果等と併せて、これらの成果発表・情報共有の場として「北海道地理空間フォーラムin札幌」「中国地理空間フォーラムin広島」をはじめとする全国の産学官イベントの開催、G空間EXPOの全国展開についてご紹介します。

国土交通省 高精度測位社会プロジェクト 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会までには、準天頂衛星4機体制の整備、屋内外測位環境・技術の進展、携帯情報端末の普及・高度化等により、高精度な測位環境が整備された社会(「高精度測位社会」)の実現が見込まれています。
こうした未来の社会像を見据えつつ、屋内外電子地図や屋内測位環境等の空間情報インフラの整備・活用実証を通じたサービスの見える化、空間情報インフラの効率的・効果的な整備手法や継続的に維持・更新する体制の検討を行い、民間事業者等による多様なサービスを創出し易い環境づくりを推進し、外国人・高齢者・障がい者を含む誰もが円滑に移動・競技を楽しめるストレスフリー社会の構築を目指します。

21

ICC2019(第29回国際地図学会議)組織委員会 Local Organizing Committee for ICC2019

国際地図学会議(ICC)東京大会2019への招待 国際地図学会議(ICC)は、地図学分野で最も歴史と権威のある国際会議で、1年おきに世界各地で開催していますが、1980年に第6回大会を東京で開催して以来、39年ぶりに2019年7月に東京で開催することになりました。この間、地図に関わる分野は大きく変貌し、GISと一体となって長足の進歩を遂げています。世界中の地図学に関わる研究者・技術者、地図作成機関、民間企業が一同に会するICC2019は、世界の最新動向を知る絶好の機会となることが期待されます。この展示では、ICCの概要と魅力をお伝えします。

22

陸上自衛隊 中央情報隊 地理情報隊 Ground Self Defense Force / Military Intelligence Command / Geospatial Intelligence Unit

地理情報隊の業務紹介 地理情報隊では陸上自衛隊が行動する上で必要な各種地理空間情報を作成しています。
地理情報隊の概要をはじめ、作成している地理空間情報について紹介します。

24

リーグルジャパン株式会社 RIEGL JAPAN LTD.

地上型レーザスキャナ、UAVレーザスキャナ ◆ UAVレーザスキャナ(ULS)
・この1~2年で急速に普及してきているUAVレーザ。
確かなデータを取得する為のハイエンドモデルタイプULSを展示・ご紹介いたします。

◆ 地上レーザスキャナ(TLS)
・i-Constructionの活用にとどまらず、プラスアルファの3次元計測が可能なハイスペックモデルTLSを実際に動かしながらご紹介いたします。

25

ESRIジャパン株式会社 Esri Japan Corporation

ArcGISプラットフォーム(イメージ&3D) GIS プラットフォーム「ArcGIS」が提供する様々な機能の中から、「イメージ(画像)」と「3D」をテーマとして、最新の GIS 機能をご紹介します。

・イメージ
ArcGIS は、これまで様々なイメージ(画像)の処理・管理・利用に関する機能を実装してきています。本ブースでは少しの工夫で様々な結果を得ることができる使い方やヒント、使用例をデモンストレーションを交えながらご紹介いたします。

・3D
地図データ、航空写真、数値標高モデル、BIM/CIM、点群など、3D GISは、さまざまなG空間データを統合してバーチャル空間を構築し、この中で事象の可視化や解析を実行できる技術です。最新のデジタル技術と融合した3D GISを是非体験してください。

26

日本放送協会(NHK) Japan Broadcasting Corporation

4K・8Kの紹介 NHKでは、2018年12月1日からBS4KとBS8Kの本放送を始めます。
本放送に先立ち、4Kと8Kの魅力を伝える展示を紹介します。
8Kモニターでは、高精細な映像をいかして“宇宙体験”ができるインタラクティブ(双方向)の展示を実施。4Kモニターでは、12月から放送される番組の映像をいち早く紹介します。受信方法がわかるパンフレットも配布。4K8Kを身近に体感していただくコーナーです。

27

インクリメントP株式会社 INCREMENT P CORPORATION

■ベクターマップからルート沿い天気予報まで 位置情報コンテンツのご紹介 インクリメントPは、ベクターマップ・ルート沿い天気予報・歩行者3Dデモ・ASEAN地図・駐車場まとめて検索・未来地図など、試作データを含む地図データをはじめとした各種位置情報コンテンツを展示します。ご来場の際は是非お立ち寄りください。

28

G空間情報センター G-spatial Information Center

G空間情報センター 運営開始から2年を迎えるG空間情報センターについて、誰もがいつでも必要なG空間情報を容易に検索・入手可能なプラットフォームとして、G空間情報センターが実現できることおよび最近の取組みをご紹介します。

29

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

G空間情報解析プラットフォーム 産総研で研究を進めている「位置」や「移動」に着目したG空間に関する研究開発事例を紹介します。特に、(1)大規模な移動体データ管理・利活用、(2) 大規模人流解析、(3)車輪型移動体向け自律航法技術、(4)高精度マーカによる測位、(5)視覚障害者移動支援、(6)自律移動ロボットによる人・環境理解、(7)衛星画像データの活用など、基礎的な研究から応用的な研究までを幅広く紹介します。自律移動ロボットが会場内を動き回ります。

30

公益社団法人 日本測量協会 Japan Association of Surveyors

日本測量協会の業務紹介 日本測量協会及び測量技術センターの業務について、パネルとスライド画像を用いて紹介します。
また、日本測量者連盟(JFS)の活動について、パネルとビデオ映像を用いて紹介します。

ベンダーフォーラム

【日時】 2018年11月15日(木)10:45~16:30
【場所】 日本科学未来館1F 展示会場内メインステージ
【対象】 どなたでも参加いただけます。

【スケジュール】

10:45~11:15

LiDARによる点群データと画像の容易で高精度の融合

11:30~12:00

屋久島を測った国際航業の森林リモートセンシング技術

13:00~13:30

情報銀行

13:45~14:15

災害時における情報共有・利活用支援 ~ISUT、SIP4D、NIED-CRSの取り組み~

14:30~15:00

UAVレーザー計測における現状と課題

15:15~15:45

映像がそのまんま3D地図になる!だから画像で位置標定!!

16:00~16:30

準天頂衛星測位と大規模3次元点群の高度利用紹介

※スケジュールおよび内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016
  • G空間EXPO2017
TOP