地理空間情報フォーラム

1F
展示会MAP
主催者企画イベント
A 測量コンテスト

【日時】 2018年11月15日(木)~17日(土)
【会場】 日本科学未来館1F シンボルゾーン内
【主催】 公益社団法人 日本測量協会

募集は終了しました

B 「測量船」一般公開

【日時】 2018年11月17日(土) 10:00~16:30(予定)
【会場】 東京お台場 (日本科学未来館よりマイクロバスにて,現地まで送迎いたします。)
【協力】 海上保安庁
【対象】 どなたでもご参加いただけます。(当日参加受付)
※天候により中止になる場合があります。

チラシをダウンロードする
出展者体験イベント
C 管理画面で来場者の動きリアルタイムに確認

説明員から会場に設置されたAIBeaconによる収集データをリアルタイムに確認していただける体験をご案内差し上げます。

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【8】
【主催】 株式会社アドインテ

D 宇宙から見える東京都内周辺の景色を眺めてみよう!

人工衛星「だいち」が宇宙から撮影した東京都内周辺の画像を、大きな床敷きマップにして展示します。
宇宙からの景色がどのように見えるのか、ぜひ体験してみてください!
もしかしたら、あなたの住んでいるおうちが見つかるかもしれません!?

【開催】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【10】
【主催】 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
【対象】 どなたでもご参加いただけます

E スカイCVサービス(ドローン全天球動画を用いた空のマッピング)

ドローンに小型の全天球カメラと位置情報を取得するGNSSを搭載して収集した全天球映像を3D解析し、計測、情報の埋め込み、CG合成によるシミュレーション等が可能な空からのマッピングに関するサービスの概要をご紹介します。

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【11】
【主催】 CVビジネス研究会
【対象】 どなたでもご参加いただけます

F 災害対応支援地図の操作体験

防災科研クライシスレスポンスサイト(NIED-CRS)の操作を体験できます

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【14】
【主催】 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
【対象】 どなたでもご参加いただけます

G 「地図で見る統計(jSTAT MAP)」の活用方法

・身近な地域を「地図で見る統計(jSTAT MAP)」を使って地図に表示してみよう。
・自宅で受けられる統計教育を体験してみよう!

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【19】
【主催】 総務省統計局/独立行政法人 統計センター
【対象】 どなたでもご参加いただけます。

H UAVフライトシミュレータによる操作体験

パソコンとコントローラーでUAVのフライトシミュレータの操作ができます。お子様から大人まで幅広くお楽しみいただけます。これからUAVを活用したいと考えている測量会社の方も、テクニックや技術を磨くためにも活用できるシミュレータです。風景やUAV自体もリアルに再現されています。

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【23】
【主催】 公益社団法人 日本測量協会
【対象】 どなたでもご参加いただけます。

I 8Kインタラクティブで遊ぼう!

「8Kアポロビューアー」は、月面に降り立った宇宙飛行士たちが撮影した300枚の写真を8K化して、現代によみがえらせました。
画像を自由に選び拡大することで、月面に立ったような臨場感を味わえます。
「8K宇宙図鑑」では、NASAの火星探査車「キュリオシティ」が撮影した画像を360°のパノラマ画像につなげ、8Kで再現しました。
高精細な画像を自由に動かしながら“宇宙体験”をお楽しみください。

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【26】
【主催】 日本放送協会(NHK)
【対象】 どなたでもご参加いただけます。

J 距離を測る体験コーナー

事前に定めた区間で、参加者が歩測と光波測距儀(TS)により距離測定を行うことで、測量を身近に感じていただくコーナーです。
参加者は、自分の1歩当りの歩幅と歩数から距離を求め、その区間の距離をTSで正確に測定します。
歩測で求めた距離とTSで求めた距離を比較し、その誤差が小さい場合は、「歩測の達人」の称号を授与します。

【会場】 地理空間情報フォーラム2018 ブース番号【30】 / 野外(日本科学未来館 チケット売り場前)
【主催】 公益社団法人 日本測量協会
【対象】 どなたでもご参加いただけます。
※天候により中止になる場合があります。

G空間EXPO 開催履歴
  • G空間EXPO2010
  • G空間EXPO2012
  • G空間EXPO2013
  • G空間EXPO2014
  • G空間EXPO2015
  • G空間EXPO2016
  • G空間EXPO2017
TOP