• 10:00~12:00

    自治体における日常業務へのGISの応用

    GISを活用した業務課題の見える化!
    行政の身近でどこにもあり得る業務シーンについてGISの活用方策について、ゲーム手法を用いて講義や議論を通して学んでいただきます。

    GISの利活用がわかる!

    このワークショップは終日参加がお勧めです。

    詳しく見る
    13:00~17:00

    自治体における日常業務へのGISの応用

    ワークショップを通じて空間思考を体験!
    午前中に引き続き、行政の業務シーンにおいて住民のニーズに対しどのように迅速に応えていくか、GISの活用についてワークショップを通じて考察します。

    実際に活用手法を見つけ出そう!

    このワークショップは終日参加がお勧めです。

    詳しく見る
  • 10:15~10:45

    平成34年度(2022年度)高校必修科目「地理総合」に向けて空間情報の活用

    未来のG空間情報教育を体験!
    10:15~10:45 基調講演 文部科学省 教科調査官 濱野 清氏
    11:00~11:40 基調講演 日本学術会議地理教育分科会 碓井 照子氏
    学校教育の第一線に関わる実践者にご登壇いただき、「地理総合」で実践可能なG空間オープンデータを活用した授業のあり方を講義や議論を通して学んでいただきます。地理教育にご関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

    このワークショップは終日参加がお勧めです。

    詳しく見る
    13:10~16:40

    平成34年度(2022年度)高校必修科目「地理総合」に向けて空間情報の活用

    未来のG空間情報教育を活用した授業のあり方を検討するため、ワークショップとして、オープンデータの地図データを活用したグループワークを行います。地理教育にご関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

    このワークショップは終日参加がお勧めです。

    詳しく見る
  • 10:30~12:00

    親子で楽しむプログラム!
    日本地図センタープレゼンツ「3D富士山をつくってみよう!」

    詳しく見る
    10:30~12:30 | 14:00~16:00

    G空間フィールドワーク「立体地図・電子古地図を見て江戸の土地を探る」

    歩きながら楽しく学ぶ江戸・東京の地歴!
    G空間フィールドワーク「立体地図や電子古地図を使って江戸・東京の地歴を探る」

    G空間EXPO×東京スリバチ学会

    詳しく見る
    13:00~13:40 | 16:00~16:40

    G空間体験ツアー

    G空間EXPO2016は見どころがいっぱい!
    その一部を、スタッフが解説つきでご案内いたします。
    詳しく見る

概要

Geoエデュケーションプログラムとは?

日頃の業務にG空間情報(地理空間情報)を活用することによって、業務が変わる、教育現場が変わる、そうした体験をしていただけます。G空間情報に馴染みのない方も楽しめる体験イベント、親子で楽しむ3D地形模型づくりなど、G空間情報に触れて学べる、楽しめる、体験プログラムもご用意しております。
日程
平成28年11月24日(木)・25日(金)・26日(土) 10:00~17:00
会場
日本科学未来館 7階 会議室3、会場周辺屋外等
主催
国土交通省(国土政策局)、地理情報システム学会
共催
日本科学未来館
MAP
PAGE TOP